アラバマQuitclaim証書フォーム

アラバマquitclaim証書フォームは、証書が署名され、配信されたときに、現在の所有者 それは現在の所有者が特性に明確なタイトルを有するかどうかについての約束をしない。 アラバマ州では、プロパティが転送されている場合quitclaim行為は、多くの場合、使用されています:

  • 離婚後の元配偶者への贈り物として、配偶者または他の家族への贈り物として、
  • 夫婦財産の性質を変更するため;
  • 現在の所有者が所有する生きている信頼またはビジネスへの
  • 現在の所有者と一緒に財産を所有する人への(証書に誰かを追加する);
  • もはや権

特別な言語は、行為がquitclaimとしての資格を確保するために必要とされます。 この言語は自動的に私たちの行為の準備サービスによって含まれ、すべてのアラバマ州の郡で有効です。 取得証書

アラバマquitclaim証書フォームは、他の誰かにアラバマ州の不動産における現在の所有者の関心のすべてを解放するために使用される行為の一 新しい所有者は、現在の所有者がその時点で持っている関心を受け取り、それ以上は受け取りません。 現在の所有者が財産を所有していないことが判明した場合、または所有権に問題がある場合、quitclaim証書の受取人として指名された人には法的救済はあ

Quitclaim行為は、新しい所有者に最もリスクを割り当て、前の所有者に最もリスクを割り当てます。 このため、タイトルの問題を解決したり、財産の利益を解放したりするために最も頻繁に使用されます。

アラバマ州Quitclaim Dedsのその他の名前

正しい法的名前はquitclaim dedですが、これらの文書はしばしばquit claim dedsと呼ばれます(quitとclaimの間にスペースがあります)。 これらの用語は交換可能であり、一方を他方に使用しても、行為の有効性には影響しません。 Quitclaimの行為は時々間違って速い要求の行為と呼ばれる。

テキサス州のようないくつかの州では、quitclaim証書の代わりとして、保証のない証書(保証のない証書とも呼ばれます)がしばしば好まれます。 これは、州法がかなり扱う方法の違いによるものですクレーム行為。 アラバマ州でquitclaim行為に問題はありませんので、アラバマ州はquitclaim行為以外の保証なしで行為を持っていません。

Quitclaim証書フォームとタイトルの保証との関係

主要用語:タイトルの保証。 タイトルの問題は、公の記録のエラー、プロパティに対する未知の先取特権、未公開の前の搬送、偽造行為、行方不明の相続人や約束されていない意志、または境界線や調査に関する紛争など、多くのことによって引き起こされる可能性があります。 タイトルの問題は、多くの場合、修正するために法的措置を必要とし、不動産の価値を減少させることができます。 プロパティにタイトルの問題がない場合は、明確なタイトルを持っていると言われています。 所有権の保証は、譲渡人から譲受人への法的保証であり、所有権の問題はありません。 証書が権原の保証を行う場合、譲受人は権原の問題について譲受人を訴えることができます。

quitclaim証書は、所有権の保証を提供しません。 それは署名者が特性で持つかもしれないどんな興味の単に解放である。 Quitclaim証書に署名する人は、彼または彼女が財産を所有しているかどうか、タイトルが明確であるかどうか、または彼または彼女が財産を譲渡する権利を Quitclaimの行為は特性にタイトルとの問題があれば現在の所有者が新しい所有者に持っているものは何でも興味を単に解放し、前の所有者に対して権利

アラバマ州Quitclaim証書と他の形態のアラバマ州証書との比較

アラバマ州quitclaim証書は、アラバマ州法定保証およびアラバマ州一般保証証書の両方とは異な 法定保証と一般保証の両方の行為は、所有権の保証を持つ財産を伝えます。

  • 法定保証証書では、現在の所有者は、財産が所有されている間にタイトルの問題を引き起こすことは何もしていないことを保証しますが、財産を所有
  • 一般的な保証証書では、現在の所有者は、現在の所有者が財産を取得する前に発生したものを含むすべてのタイトルの問題について、財産の完全な権

これらの権原の保証は、法定保証行為および一般保証行為をquitclaim行為と区別し、権原の保証は含まれません。

例:アシュリーはブレットに不動産の小包を解放quitclaim証書に署名します。 移籍後、ブレットはアシュリーがブレットに財産を譲渡する数ヶ月前にコーンに財産を譲渡したことを知る。 アシュリーが法定保証証書または一般保証証書のいずれかに署名した場合、ブレットはアシュリーに保証違反を訴えることができました。 しかし、その行為はかなりのものだったのでクレーム行為、ブレットはアシュリーを訴える法的権利を持っていません。

人生の不動産行為は、時には検認を避けるためにアラバマ州で使用されています。 長期生命不動産証書は、タイトルの保証には関係ありません。 代わりに、それは現在の所有者の死亡時に財産を移転する手段として証書を指定します。 タイトルの保証とは異なる問題を持つ用語の生活不動産証書のお得な情報ので、行為はquitclaim証書と生活不動産証書の両方であってもよいです。

Quitclaim Dedsの一般的な使用

アラバマ州では、quitclaim dedsはタイトルの問題をまっすぐにするために最も頻繁に使用されます。 例えば、ある所有者の署名なしに財産が移転された場合、その所有者は後でquitclaim証書に署名して、財産に関心を主張していないことを明確にすることがで

Quitclaim証書は、送金の一環としてお金が手を変えていないときに使用されることがあります(考慮されていません)。 これは、例えば、人が贈り物によって家族に財産を移転している場合に発生する可能性があります。 Quitclaimの行為はまた離婚に続くタイトルから不動産に元配偶者を取除くのに使用されている。

アラバマ州Quitclaim証書を作成する方法

アラバマ州quitclaim証書を作成するには注意が必要です。 一見小さな言語の違いは法的な結果をもたらす可能性があります。 たとえば、証書でgrant、bargain、またはsellという言葉を使用すると、証書を保証証書として分類する暗黙の保証が作成される可能性があります。 行為がquitclaimの行為として修飾することを保障する方法で新しい所有者に特性を運ぶ言語を含めることは重要である。

心配するな 当社のソフトウェアは、プロセスを簡素化します。 これは、ガイド付きのインタビュープロセスをご案内し、自動的にあなたの選択に一致する行為の種類を作成するために必要な言語が含まれています。 Get Deed

証書に一貫性のない言語を使用すると、特許のあいまいさが生じます。 タイトル企業やバイヤーを含む——財産の法的地位を知っている誰もので、特許のあいまいさと行為はトリッキーなことができます。 特許の曖昧さは、通常、財産のタイトルをまっすぐにするために裁判手続またはその他の治癒的措置を必要とする。 これは、最初から正しく一貫した言語を含む行為を使用することによって回避することができます。 私たちの行為ジェネレータによって調製された行為は、アラバマquitclaim証書の要件を満たすために、すべてのアラバマ州の郡で記録するための資格がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。