ホームガーデンでのブドウの剪定:いくつかの基本的なガイドライン

J.King,WSU–Mount Vernon

もつれたブドウのつるの塊の前に立って、それをどうするか疑問に思うことは、初心者にとっても、より経験豊富な剪定師にとっても恐ろしい経験になる可能性があります。 二つの重要なアイデアを念頭に置いてください:

  1. カットすることを恐れてはいけない。あなたが終了すると、昨年の成長の約90%がカットされます。
  2. ブドウの植物は活発で、寛容です。 あなたが間違いを犯した場合でも、あなたは来年それを修正するチャンスを得るでしょう。

そうは言っても、パニックではなく、学習と冒険の精神で剪定に近づくことができます。 ブドウは春に剪定されるのが最善です(2月/3月、または4月上旬には遅くなる)。

右から若い植物を開始

あなたはあなたの新しいブドウの植物を得るとき、それはおそらく剪定されません; 代わりに、あなたは活発な根系と裸の芽がたくさん上から上がっているのを見つけるでしょう。 春の植え付け時には、これらの多数の芽を1つに減らし、3つの芽に戻す必要があります(ステップ1)。 植え付け後、ブドウは成長し始め、新しい緑の芽を押し出すでしょう。 これらの芽が8-12インチの長さのときは、最高のものを選択し、上下の杭に結ぶことによってそれをサポートしてください。 (地下の根系からではなく)古い茎から直接出てくる、直立またはほぼそう、強く成長しているシュートを探してください。 他の芽を取り除く(ステップ2)。

PruningSketchA

シュートが最初の夏を通して育つと同時に、それをまっすぐに保ち、風で壊れることを防ぐために棒の上のそれを結び続けなさい。 このシュートはつるの一生を持続させるあなたの永久的なトランクである、従ってそれをできるだけまっすぐ、直立した保つことを支払う。

最初の休眠剪定

あなたの最初の年のつるは、前のシーズンの成長の間に最初のトレリスワイヤー(約30″)以上に達している必要があります。 それがない場合は、3つの芽に再びそれをカットし、前年の治療を繰り返します。 これは劇的に見えるかもしれませんが、健全な幹を確立するために必要です。 ほとんどの植物は活発で、ワイヤーに容易に達します。 昨年のシュートがちょうどワイヤーまたは数インチを超えて到達した場合は、ワイヤーの上の最初の芽でそれをカットし、ステークとワイヤー(A)にシュートを シュートが長い場合は、杭とワイヤーにそれを結ぶ、ネクタイを超えてつる四、五芽をカットし、ワイヤーとネクタイ(B)にシュートの残りの長さを曲げます。 非常に活発な芽は、ワイヤーの上によく行き、強い側の側面を出すことができます。 ワイヤーに最も近い2つの側面を選択し、ワイヤーに結び、3-5芽に剪定します。 主茎をワイヤとステークに結び、側方(C)のすぐ上に切断します。

PruningSketchBB

夏の間、新しい芽を次のワイヤーまで訓練し、根の領域または下の幹から発芽する新しい芽を取り除きます。

剪定確立されたブドウ

ブドウは、一歳の杖から生じる緑の芽に実を結ぶ。 剪定は、現在の季節に果物を生産し、来年のために若い杖を更新することに基づいています。 今シーズンの果実を生産した古い杖は再び生産されません。 確立されたブドウの剪定に使用されるいくつかの方法があります。 杖の切り取ることは熱単位が高くないかもしれないし、活発なツルがフルーツを陰にすることができる私達のもののような気候の通常のシステムで このシステムでは、恒久的な幹が確立され、毎年、幹とワイヤーが交差するブドウの頭から新しい杖が選択されます。 両側に1つまたは2つの杖、それぞれ8-10の芽が長く、選択され、ワイヤに縛られ、他のすべての杖が切り取られます。 あなたの小指の厚さ、できるだけ頭の近くに出てくる、そして芽がかなり近くにある杖を選んでください。 離れて間隔をあけられた芽が付いている大きく厚い杖を避けることを試みなさい。 また、一つまたは二つの拍車杖を残し、それぞれ二つの芽に切断します。 彼らは来年の剪定のために選択するための追加の杖を提供します。

PruningSketch3

kniffenの切り取るシステムは主要なトランクがより低いワイヤー高さに2つのレベル、1およびそれの上の他の約30″があることを除いて杖の切り取ること 私たちの気候条件では、あまりにも多くの場合、上位レベルのシュートは非常に活発で、下位レベルを陰にするので、kniffenシステムはあまり使用されません。 時には使用される第三の方法は、非常線システムです。 いくつかのワインブドウ品種は、この方法に訓練されたときにより良い生産しますが、コンコードのようなアメリカのタイプにはお勧めしません。 第二のシーズンでは、一つの杖は、トランクの両側に訓練され、彼らは毎年新しい結実杖を生産するために短いスパーズが確立されているベースとして残っている永久的な腕になります。 これらの拍車は、2つまたは3つの芽の長さです。 非常線で訓練されたブドウを剪定する際には、あまりにも長く成長した古い拍車をカットバックする必要があることがあります。 非常線の腕に最も近い杖を選択し、それを2つの芽に切断し、古い拍車の残りの部分を取り除きます。

シュート間伐&トレーニング

深い土壌と高い窒素含有量を持つ多くの地域では、ブドウのブドウは非常に活発で、あまりにも多くの芽を生成します。 ブドウがあまりにも活発ではない場合でも、いくつかのシュート間伐は、通常、果物のクラスター、またはあまりにも密接に間隔をあけているものと非生産的なシュートを取り出すために必要とされます。 これはキャノピー管理と呼ばれます。 目的は、ブドウの生産性と葉とシュートの成長の量のバランスをとることです。

各ブドウのシュートは、ブドウのクラスターを適切に熟すために14から16のよく露出した葉を必要とします。 あまりにも多くの芽が一緒に混雑していると、葉は効果的な光合成のために十分な光を得られません。 日陰の葉はその能力の約6%でのみ機能し、ブドウのクラスターの熟成に全く寄与していない可能性があるため、すべての葉が良好な太陽への露出を得 初期の段階でブドウの芽を薄くすることは、非生産的な芽を排除し、生産的なもののための光とスペースを提供します。

  • できるだけ早く芽を間伐し始めます-6月またはクラスターが見られるようになるとすぐに。
  • 芽は柔らかく、手で簡単に取り除くことができます。 スペースシュート
    3″へ4″離れて。
  • シュートあたりに複数の果実群がある場合、最も低いもの(古い杖に最も近い)は通常、最も早く熟すでしょう。
  • クラスターが非常に小さい場合を除き、特に3つまたは4つのクラスターがある場合は、通常、シュートあたり1つのクラスターまで薄くするのが最善です。

間隔を維持し、シュートが地面に後続したり、風で壊れたりしないようにするために、トレリスワイヤーでシュートを上向きに訓練して結ぶこともかなり早 プラスチック製のブドウクリップは、これに適しており、何年も続くか、トマト植物を結ぶために使用される種類のMax Tapenerです。 シーズンの後半には、シュートが長くて活発で、14–16以上のアクティブな葉がある場合、シュートは下のブドウを陰影付けするのを防ぐために端を越えたり切り戻したりすることができます。 また、新しい芽は、葉が主な芽に加わる場所に現れることがあります。 これらの側芽は除去されるべきである。

収穫直前にブドウの房を囲む下葉を取り除くことで、より良い日光への露出を提供することができます。 これはブドウを熟すのを助け、また病気の伝染を防ぐのを助ける空気の循環を改善する。

アーバー

ブドウアーバーは、庭に果物と日陰の両方を追加することができます。 彼らの活発な成長で、ブドウの植物は数季節にアーバーをカバーします。 しかし、一貫した果実生産のためには、いくつかの賢明な剪定が必要です。 基本的なガイドラインは、あなたが毎年新しい結実杖を選択し、そこから短い側方や拍車で、アーバーの上に上がってメイン永久トランクを確立するという点で類似しています。 あまりにも多くの古い、非結実杖が蓄積している場合は、それらの約半分を完全に薄くします。 ほとんどの場合、来年の更新杖を提供するために、多くの新しい芽が発生します。

便利なヒント

  • あなたが始める前にブドウの上を見るのに時間をかけてください
  • 良い見通しのように見えるいくつかのよく配置された杖を選
  • 明らかに不適当な古い木や杖–小さくて弱い杖、または主幹から遠すぎる杖を切り取ってください。 あなたが行くように、これは混乱のいくつかをクリアします。
  • 必ず最後まで少なくとも一つの代替杖を残してください。
  • 結ぶ前に杖を徐々に所定の位置に曲げます。 あなたがそれらをしたい場所以外の方向に成長杖は、多くの場合、優しくそれらを割ることによって協力するように説得することができます。 あなたはそれが方向を変更したいポイントで杖を曲げるために両手を使用して、あなたが繊維の亀裂を聞くまで、ちょうど圧力を適用します。

当社のページは、ユーザーの便宜のために外部サイトへのリンクを提供します。 WSU拡張機能は、これらの外部サイトを管理したり、拡張機能のレビュー、制御、またはこれらのサイトのコンテンツの責任を負いません。 これらの外部サイトは、暗黙的または明示的にWSU拡張の公式の位置とポリシーを表すものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。