電圧

電気電圧
テンプレート情報
電気ライン。jpg
概念: 閉じた電気回路内の導体に沿って電子を推進する物理的な大きさ。

電圧。 電圧または電位差とも呼ばれるのは、閉じた電気回路内の導体に沿って電子を推進し、電流の流れを引き起こす物理的な大きさです。

電位差は、荷電粒子上の電場によって作用される単位電荷あたりの仕事が、ある場所から別の場所に移動することとしても定義されます。 それは電圧計で測定することができます。

国際単位系では、電位差は電位と同様にボルト(V)単位で測定されます。

極性

電圧は電荷が移動する経路とは無関係であり、フィールド内の点Aとbの電位にのみ依存します。

電位差のある二つの点を導体で接合すると、電子の流れが発生します。 最高電位点を作成する電荷の一部は、導体を通って最低電位点に移動し、外部ソース(発電機)がない場合、この電流は両方の点がそれらの電位に等しいと この負荷の移動は、電流として知られているものです。

単一の点での電位差、または電位について話すとき、それはこの点と電位がゼロである他の点との電位差を指します。

Polaridad.jpg

回路の2つの点が電流を流すことができるとき、電圧降下の極性は同じの標準アドレスによって決定されます。 したがって、抵抗Rを介してa点からB点に強度Iの電流を流すと、極性が示された電圧の低下が生じ、a点はBよりも正であると言われています。

二点間の電圧を表現するもう一つの方法は、電流の強度とそれらの間に存在する抵抗の関数です。:

R=U/I

ここで:

  • Rは電気抵抗で、単位はオーム(Ω)です。
  • Uは電圧で、ボルト(V)で与えられます。
  • Iは電流で、アンペア(A)で表されます。

(V)は電位ではなく、二つの点間の電位差(Δ V)を意味することに注意することが重要です。

電荷

材料が電子を除去された場合、その総電荷は正になります(中性原子が負に帯電した電子を除去されていることを覚えておいてください)。 これにより、原子はもはや中性ではなく、この場合には原子に6個の陽子(正電荷)と4個の電子(負電荷)が存在することがわかる正電荷を有する。 結論として、全体的な負担は肯定的です。

正の電荷。jpg

電子が物質に増加した場合(原子が中性のときよりも多くの電子を持っている)、その総電荷は負になり、この場合、原子に6個の陽子(正電荷)と8個の電子(負電荷)があることがわかります。 結論として、総電荷は負である。

負電荷。jpg

異なるレベルまたはタイプの荷重を持つ2つの材料がある場合、それらの間に電位差があると言います。 どのような方法で材料を充電することができるようにするためには、原子にエネルギーを適用する必要があります。 これを達成するにはいくつかの方法があります: -摩擦によって-圧力によって-熱によって-磁気によって-化学作用によって

電位差

ランプをオンにするためには、接続されているケーブルを通って電流 この電流がケーブルを通って循環するためには、起電力源と呼ばれる力がなければならないか、またはよりよく理解するために、電圧源(直流の場合)は単

  • 1 kv=1000ボルト(ボルト)
  • 1MV=1/1000=0.001ボルト(ボルト))

通常、電圧源の出力には固定値があります。 例:3、6、9、12ボルト、等。、しかし特別な適用がある可変的な出力電圧源の場合があります。 電池の電圧や壁のコンセントから得られる電圧について話すとき、私たちは電位差について話しています。 第一の場合、それは直流電圧源であり、第二の場合、交流電圧源である。 おそらく、電圧の意味を理解する最も簡単な方法は、自然現象との類推をすることです。 直流の流れを川の水流の流れと比較し、電圧を滝(滝)の高さと比較すると、電圧(電位差)という用語が何を指しているのか、つまり滝の高さ(高低差)である 電位差は、ポテンシャルエネルギーについて話すときに最もよく理解されます。

  • エネルギーは仕事を行う能力であり、。…
  • ポテンシャルエネルギーは、その位置によって身体に関連するエネルギーです。 (私たちの場合は滝の高さです)

二つの可能なケース

  1. 低電流で高電圧を供給するソース。 低流量(低水流量)の水の非常に高いドロップの場合
  2. 小さな電圧が、多くの電流を供給する源。 多くの流れ(多くの水の流れ)を持つ水の小さな一滴の場合。

興味深いケースは、ソースが高い電圧値を持ち、多くの電流を供給するケースです。 この場合は、非常に大きな流れを伴う非常に高い水の落下で発生します。 この特別なケースは、私たちが大きな電力供給能力を持つ電圧源を持っていることを私たちに伝えます。 力の公式を覚えておいてください:

パワー=電圧X電流=V x I

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。