1

“膨満感は富の全体です”

ギリシャ語では、”pleroma”という言葉は”満腹感”を意味します。 だから、このギリシャ語を”全体”として翻訳するのは正しいです。 ヨハネによる福音書第1章16節で”から”と訳されているギリシャ語の前置詞は、”から”または”から”を意味します。 したがって、私たちは皆、神の富の全体から、キリストの豊かさから受けています。

新約聖書では、豊かさは富の全体を通して表現されています。 ですから、パウロは、キリストの求められない豊かさに言及し、またキリストの豊かさについても語っています。 キリストの豊かさは、キリストが何であるかの様々な側面であり、キリストの豊かさは結果であり、それらの豊かさを楽しむことの果実です。

私たちがキリストの富を享受するとき、私たちは自然にそれらを私たちの存在に同化します。 それから、彼らは私たちのために、キリストの豊かさ、キリストの体、教会をその表現として構成します。 ですから、エペソ人への手紙第1章で言及されているキリストの豊かさは、エペソ人への手紙第3章で言及されている神の豊かさです。 信者がキリストの富を経験するとき、彼らは自然に新しいものにされ、すなわち神の豊かさを生み出す新しい憲法を受け取ります。

このようにキリストを同化するためには、私たちは内なる人の中で強化されなければなりません。 さらに、私たちは、キリストが私たちの心の中に彼の家を作ること、すなわち、私たちの存在のすべての部分を占有し、所有し、完全に飽和させることを許 その後、私たちは人生で成長するために根ざし、構築されるように確立されなければなりません。 さらに、我々は実用的な方法で彼の普遍的な次元でキリストを把握することができるようになります。

これと一緒に、私たちはすべての知識を上回るキリストの愛を経験によって知るでしょう。 私たちがそのような程度にキリストを知り、経験したとき、私たちは神のすべての豊かさの範囲でキリストの富で満たされます。 このすべては、教会がその完全な表現のためのキリストの体として実用的な方法で構成されることを、その終わりとして持っています。

そのようなビジョンに照らして、教会を”カルト”が開催される物質的な建物とみなすのは間違っています。 また、教会は単に私たちが所属する地元の会衆または宗派評議会であり、私たちが所属していることを考慮することは適切ではありません。 今日の多くの信者は”キリストの体”という言葉を使用していますが、キリストの体がキリストの表現であり、満腹であるという啓示を理解していない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。